FC2ブログ

日菓のしごと京の和菓子帖


日菓のしごと 京の和菓子帖日菓のしごと 京の和菓子帖
(2013/04/02)
日菓(内田美奈子+杉山早陽子)

商品詳細を見る

伝統的な京菓子を現代の感性で包み込む。
見て楽しい、食べて美味しい。新しい和菓子のかたち。

京都を拠点に創作和菓子を発表する日菓(にっか)の初作品集。
作品のモチーフは、何気ない日常のひとコマ。
見過ごしてしまいがちなシーンを丁寧にすくい上げ、思わずクスッと笑ってしまう愛らしい意匠に仕立てている。
作品約80点のほか、アイデアスケッチや制作風景も収録。


以前に日菓の活動をTVで見て、気になってました。
和菓子なんだけど、伝統とは違うモチーフで、見ているだけでも楽しいです
実物を目で見て舌で味わってみたいものですが、開店が月一じゃぁ…
と言うわけで、とりあえず本で目で楽しみました!
スポンサーサイト

テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

仮面教師SJ 3


仮面教師SJ (3) (ウィングス文庫)仮面教師SJ (3) (ウィングス文庫)
(2012/07/07)
麻城 ゆう

商品詳細を見る

教育機構監査局局長・霧彦から直接指令を受けて、問題のある学校に教師として潜入するスパイ・SJとなった笹倉十蔵ことクラクラ。これまでに潜入した二校では、どちらも特捜司法官の介入が…。最近始まったドラマの中だけの架空の存在でなく、特捜司法官はホントにいる!!しかもクラクラは、その正体は両方に居合わせた生徒二人、スナとショータのどちらかなのではと、疑ってしまい…。今度のミッションはフードアートスクール潜入、「チョコレート教室」。


今回は『チョコレート』ですか。
こういうのもパティシエの関係になるのかな?
前回が『カクテル』だったので、続けて飲食関係ですね。
別にいいけど、全然違うものを期待していたので、ちょっと残念。

シリーズも3作目となると、ちょっとトーンダウンかな?
まぁ目新しさがなくなるってのもあるかも…

特捜司法官が謎ですね。
私としてはスナとショータの2人ともがそうではないか、と思うのですが
どうなんでしょう?

テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

日本人の知らない日本語2


日本人の知らない日本語2日本人の知らない日本語2
(2010/02/19)
蛇蔵、海野凪子 他

商品詳細を見る

大ベストセラー『日本人の知らない日本語』第二弾が登場です。
ファンも多かったルイ君(オタクのフランス人)、ジャックさん(日本語堪能)をはじめ、
新キャラクターが大活躍。
学生さんたちもパワーアップして、凪子先生も大忙し・・・。
今日も日本語に関する珍問奇問に答えます!!思わず爆笑、そしてためになる
日本語コミックエッセイです。


ものごっつ面白いです。
外国の人から見たら、日本ってこんななのね~という事から、
日本人でもへぇ~この言葉ってこうなんだ!という事まで。

コミックエッセイなので、読みやすいし、状況もわかりやすい。
絵があると理解しやすいですよね、やっぱり。

『畳化(日本に感化されたな)したなと思った事』も興味深い。
イタリアでは自動販売機は壊れている事が多いので、紙幣を入れるのは
要注意!らしいですよ

ぜひ第3弾も

深海のフシギな生きもの


深海のフシギな生きもの ー水深11000メートルまでの美しき魔物たち深海のフシギな生きもの ー水深11000メートルまでの美しき魔物たち
(2009/10/22)
藤倉 克則

商品詳細を見る

はずれるアゴ、メスに吸収されるオス、有毒熱水大好きエビ、
死体で子育て…かわいくて、恐くて、おかしくて、とっても奇妙、
想像を絶する、華麗な生き物の美しすぎる写真満載


世界で一番キケンな生きもの』が結構面白かったので、その流れで
図書館で借りてきました。が……
馴染みがなさ過ぎてなんだかちょっと
不思議な生き物の生態は興味深いものの、テンションは上がらず。
地上、もしくは深海までいかない海中生物くらいの方が、私には
楽しいということですね。

世界で一番キケンな生きもの


世界で一番キケンな生きもの世界で一番キケンな生きもの
(2010/05/27)
ネイチャー・プロ編集室

商品詳細を見る

凶暴ながら繊細、獰猛ながら愛情深い、キケンな生きものたち。
彼らの素顔を生き生きとした写真でつづる、ド迫力のビジュアルブック。
ロングセラー『深海のフシギな生きもの』シリーズ第2弾。
《こんな生きものたちが登場します!》
●サーファーに喰らいつく海の悪魔――ホオジロザメ
●サルを喰い殺す2メートルの巨鳥――フィリピンワシ
●猛毒ヘビにはゾウもかなわない――コブラ
●触っただけで呼吸困難――ウンバチイソギンチャク
●岩と間違えて被害続出、世にも醜い魚――オニダルマオコゼ


通勤読書用に図書館で借りたのですが、思いの外文字が少なかったので
ちゃちゃとお家読書しました。
紹介されているのは結構有名どころばかりかな?と思うけど、
写真が迫力あったりしてなかなか楽しかったです

毒蜘蛛のタランチュラ、これ子供のころに読んだ小説か何かに
すごい毒蜘蛛と書かれてあったのですが、実際はそんなに強力な
毒じゃないんですよね。
それは知っていたのですが、何で猛毒を持っているとあったのか、
ずっと疑問だったのですが、その謎がやっと解明されました

ぜひ『深海のフシギな生きもの』も見てみたいなぁ~