FC2ブログ

あやし


あやし (角川文庫)あやし (角川文庫)
(2003/04)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

十四歳の銀次は木綿問屋の「大黒屋」に奉公にあがることになる。
やがて店の跡取り藤一郎に縁談が起こり、話は順調にまとまりそうに
なるのだが、なんと女中のおはるのお腹に藤一郎との子供がいることが
判明する。
おはるは、二度と藤一郎に近づかないようにと店を出されることに…。
しばらくして銀次は藤一郎からおはるのところへ遣いを頼まれるのだが、
おはるがいるはずの家で銀次が見たものは…。(「居眠り心中」)
月夜の晩の本当に恐い江戸ふしぎ噺・九編。


本当に怖い、というかむずむずとハッキリとしない怖さです。
あやふやな怖さ、というか…
表面的に話を追うだけなら、意味不明な感じで終わるし、
ちょっと考えると、わからない怖さを感じるような。

でも正直、好みではない。
私はきっぱりハッキリ解決するような話が好き。
ワビサビのような、あやふやさの風情はどうせ読み取れません…
関連記事
スポンサーサイト