FC2ブログ

気分は名探偵


気分は名探偵―犯人当てアンソロジー (徳間文庫)気分は名探偵―犯人当てアンソロジー (徳間文庫)
(2008/09/05)
我孫子 武丸霧舎 巧

商品詳細を見る

密室と化した路上の殺人、豪雨の貸別荘で劇団員全員変死、
学問の府の惨劇、疾走する新幹線で倒れる男、芸能プロ
殺人クルージング、容疑者は同姓の三人…
名手六人が作り上げた難事件にようこそ。
問題篇に潜む犯人を正しく名指すまで、さらに巻末の謎の
著者座談会「わたしは誰でしょう?」を解き明かすまで、
あなたはこの本から出られない。


犯人当てのアンソロジーです。
別に犯人当てとして読まなくても、6人の作者による短編集として
十分に楽しめます。

それぞれの作品の前に、簡単な作者の経歴と正解率があるのですが…
どうやって出された正解率?と思っていたら、元々は新聞連載で、
景品付きで読者の解答を募集していたのですね。
ちゃんと読んで正解している人達がいるのだから、すごいですよね。
(すごいのは正解率1%ですよ!)

久しぶりに読んだ作者の人もいて、ちょっと楽しめました。
それぞれは短編なので、気楽に読みたい人にも、頭を使って
犯人当てをしたい人にもいいと思います
関連記事
スポンサーサイト