FC2ブログ

空ばかり見ていた


空ばかり見ていた (文春文庫)空ばかり見ていた (文春文庫)
(2009/01/09)
吉田 篤弘

商品詳細を見る

小さな町で小さな床屋を営むホクトはあるとき、
吸い込まれそうなくらい美しい空を見上げて、決意する。
「私はもっともっとたくさんの人の髪を切ってみたい」。
そして、彼は鋏ひとつだけを鞄におさめ、好きなときに、
好きな場所で、好きな人の髪を切る、自由気ままな
あてのない旅に出た…。
流浪の床屋をめぐる12のものがたり。


題名に心惹かれて、手に取りました。
『空ばかり見ていた』なんて、私の頭には大草原の果てない空が
パァ~っと、浮かびました。
大草原は関係ないですが、ちょっと不思議な、心にす~っと
染み込むような短編集です。

普段ミステリばかりで、やれ殺人だ何だと殺伐とした話が多いので、
今回は心と頭に穏やかな空気を与える事ができた感じです。

通勤時じゃなく、休日の穏やかな日に珈琲や紅茶を傍らに、
ゆっくり楽しみたいような本です。
関連記事
スポンサーサイト