FC2ブログ

叫びと祈り


叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)
(2010/02/24)
梓崎 優

商品詳細を見る

砂漠を行くキャラバンを襲った連続殺人、
スペインの風車の丘で繰り広げられる推理合戦、
ロシアの修道院で勃発した列聖を巡る悲劇…
ひとりの青年が世界各国で遭遇する、数々の異様な謎。


新人賞を受賞したという「砂漠を走る船の道」は面白かったです。
後はちょっと…好きなんだか嫌いなんだかもよくわからないかなぁ。

一人称の視点がコロコロ変わるので、今は誰だかもわかり難かった。
主人公の斉木の設定とかは結構好きなだけに、最後の「祈り」は
読んでいて悲しくなりました。ストーリーにじゃなく、作者に。
なんでこう来るかなぁ、と。

誰にでも読みやすいようでいて、好き嫌いのわかれる作品かなぁ?
関連記事
スポンサーサイト