FC2ブログ

燔祭の丘-建築探偵桜井京介の事件簿


燔祭の丘 建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社ノベルス)燔祭の丘 建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社ノベルス)
(2011/01/06)
篠田 真由美

商品詳細を見る

『僕は―ヒトゴロシ』。謎の詩を残して姿を消した桜井京介は、
久遠アレクセイの名に戻り、14歳まで育った屋敷にいた。
一方、神代宗の話を聞いた蒼は、函館で京介を捜し歩き、
20年前の忌まわしき事件を知る。
次第に明らかとなる久遠家のルーツ。
そして、父・グレゴリの狂気が京介を襲う!
「建築ミステリ」の金字塔、ついに完結。


長く続いたシリーズもやっと完結です。
完結させた事が、お疲れさまというか、すごいというか…
完結させずに色々手を広げている作家さん達がいますもんね

シリーズ全体としては長編5作ずつの3部構成で、私が1部が好きです。
純粋に建築探偵としての事件簿を楽しめる感じで。
シリーズが進むにつれて、完結に向けての下準備が底に流れている、というか。

本作にしてもあくまでも『シリーズの最終話』であって、この作品だけでは
何とも言えない感じです。
シリーズをずっと読んできて、そして本作を読んで『ああ、お疲れ!』って。

シリーズ全体をそんなに細かく覚えてないけれど、とりあえず張った伏線は
回収していて、登場人物たちはそれぞれ『らしく』動き出して終わった、と。

好きなシリーズだったので、完結はホッとして、でもちょっと寂しい…
番外編とか短編集とかで、また出会いたいです
関連記事
スポンサーサイト