FC2ブログ

仮面教師SJ 1


仮面教師SJ (1) (ウィングス文庫)仮面教師SJ (1) (ウィングス文庫)
(2011/01/09)
麻城 ゆう

商品詳細を見る

お茶の間を賑わせる、ドラマ『特捜司法官S‐A』が始まった翌年。
教師志望の笹蔵十蔵は、稀代の詐欺師と呼ばれるササクラの息子で
あることを理由に、ある学校から採用を断られる。
傷心の十蔵に新たな就職先を斡旋したのは、幼い頃遊んでくれた、
従兄弟だという霧彦。しかもその仕事は、父ゆずりの特殊能力を
いかすことを前提にした「学園スパイ」のような仕事で!?
笹蔵十蔵、特命を受けて教育機構監査局のスパイ“SJ”になります―。


昨日までガッツリ、暗めの物を読んでいたので、ちょっと頭のリラックス。
ライトノベルなので読みやすくて、好きな人は好きな作品、かな?

前作の「特捜司法官シリーズ」を途中まで読んでいたんですが、
いつも間にか終了していたのですね…
もうどこまで読んでいたのかすら記憶にないのですが。

時代は違っても、世界は「特捜司法官シリーズ」と同じです。
でも前作を読んでいなくても、今回の話は読めますよ。
一応同じ世界、というだけですね。

好き嫌いはあるでしょうが、気楽に楽しめました。
続きを図書館が入れてくれるなら、続きも読もうかな、と思います。
関連記事
スポンサーサイト