FC2ブログ

メシアの処方箋


メシアの処方箋 (ハルキ文庫)メシアの処方箋 (ハルキ文庫)
(2007/05)
機本 伸司

商品詳細を見る

ヒマラヤで発生した氷河湖決壊。
下流のダム湖に浮かび上がったのは古代の「方舟」だった。
その内部から発見された木簡には驚くべきメッセージが秘められていて…。
「救世主の作り方」を提示するSFエンターテインメント。


『神様のパズル』の作者の第2弾!
アレは物理学でしたが、コレは分子生物学?
ヒトゲノムがどうの、ES細胞がどうのとでてきます。

今よりちょっと未来設定で、遺伝子疾患が危惧されるケースでは遺伝子を
デザインする『デザイナー・チルドレン』が認められている世界です。

前作より専門的な説明が減って読みやすく、また話もドカンドカンと
進むので面白いです

ただ、主人公が流され過ぎ!
他の人はまぁまだわからないでもないんですが、主人公はちょっと…
あまりにも流されていて、なんだか心配を通り越してイライラします
最後はまぁいいかなぁ~と思うのですが…

結構読み応えがあって面白いけどちょっと疲れたかな?
ちょっと間を置いて、他のも読んでみたい!
関連記事
スポンサーサイト