FC2ブログ

アベラシオン(上)


アベラシオン (上) (講談社ノベルス)アベラシオン (上) (講談社ノベルス)
(2006/03/07)
篠田 真由美

商品詳細を見る

冬のヴェネツィア、華やかなパーティのさなかに起きた奇妙な殺人事件。
目撃者の日本人留学生・藍川芹は、事件の関係者から招待を受け、
北イタリアの山中にそびえる「聖天使宮」を訪れる。
だが、凄惨な連続殺人が…。


上巻しか読んでない段階での感想ですが。

ストーリがどうとかより、美術品・建物・歴史事情などの説明が多くて、
ちょっと頭が拒否反応気味…
目で文字を読んでいても頭には届いていない感じです。
雰囲気はでているのですけどね。

前城主の友人たちがすごいインパクトのある人達で、この人達が
今後どう動くのか、気になります。
しかし、どうも主人公・藍川芹がなんだかなぁ~
何か行動がよくわからない…
関連記事
スポンサーサイト