FC2ブログ

アベラシオン(下)


アベラシオン 下 (講談社ノベルス)アベラシオン 下 (講談社ノベルス)
(2006/04/07)
篠田 真由美

商品詳細を見る

藍川芹の滞在する〈聖天使宮〉での連続殺人。
封印された一族の過去に揺曳するナチズムの影と六本指の手痕。
紀元2000年の時が満ち、正五角形の巨大な時計は秘められた
深淵の扉を開く。復活の天使は空を翔るか。車椅子の少年に導かれ、
絢爛たる地獄を巡るヒロインが最後に見たものは……?


まぁ、正直読むのに疲れました…
上巻よりマシとはいえ、建物や美術とかの説明がどうにも
クドく感じられて。
目で読んでも頭には全然入ってこなかったのですが…

ストーリ自体は私の好みからそれほど外れてないハズなんですが、
どうも主人公だけじゃなく、アチコチで登場人物の言動が気になり…
何か違和感というか腑に落ちないことが多々あって。
ストーリには全然影響ないような些細なことなんですけどね

とにかくやっと読み終えたって感じで。
う~ん、ちょっと失敗カナ?
関連記事
スポンサーサイト