FC2ブログ

完全なる首長竜の日


完全なる首長竜の日完全なる首長竜の日
(2011/01/08)
乾 緑郎

商品詳細を見る

少女漫画家の和淳美は、植物状態の人間と対話できる「SCインター
フェース」を通じて、意識不明の弟と対話を続けるが、淳美に自殺の
原因を話さない。ある日、謎の女性が弟に接触したことから、少し
ずつ現実が歪みはじめる。映画「インセプション」を超える面白さと
絶賛された、謎と仕掛けに満ちた物語。
『このミステリーがすごい!』大賞第9回(2011年)大賞受賞作。


面白かったです
引き込まれるように読破しました。
ただ、これはミステリなの?とは思いましたが…
別に謎を解明しよう!とか、事件がおきて…という話ではないです。

「胡蝶の夢」のように、夢か現か曖昧になっていく主人公。
まぁオチは想像通りだったのですが、文章が上手で読みやすくて、
安心して(?)境界を彷徨う世界に浸れるような感じです。

映画「インセプション」を見ていないので、比較はできませんが、
たぶんストーリの方向性は全然違うのではないでしょうか?
予告を思い出して、そう感じるだけですが…

なので『映画「インセプション」を超える面白さと絶賛された』
というあおり文句で読んでみるのは、ちょっと危険かな~と。

一見、児童書チックな題名も好きです
このストーリにこの題名を付けれるってスゴいですよね?
関連記事
スポンサーサイト