FC2ブログ

犯罪小説家


犯罪小説家犯罪小説家
(2008/10)
雫井 脩介

商品詳細を見る

新進作家、待居涼司の出世作『凍て鶴』に映画化の話が持ち上がった。
監督に抜擢された人気脚本家の小野川充は『凍て鶴』に並々ならぬ
興味を示し、この作品のヒロインには、かつて伝説的な自殺系サイト
〔落花の会〕を運営していた木ノ瀬蓮美の影響が見られると、奇抜な
持論を展開する。待居の戸惑いをよそに、さらに彼は、そのサイトに
残された謎の解明が映画化のために必要だと言い、待居を自分の
ペースに引き込もうとしていく。そんな小野川に、待居は不気味さを
感じ始め―。全篇に充ちた不穏な空気。
好奇心と恐怖が交錯する傑作心理サスペンス。


最初の方であまりの暗さに音を上げそうになりました…
読んだという会社の同僚の話によれば『最後まで暗いよ』とのこと。
どうしようかな~と思いつつ、取りあえず読了。

「この話は暗い!」と覚悟を決めて読んだので、それはいいのですが。
途中、コレ主人公はダレなん?と疑問に思いつつ。

だって、あらすじを読んだら主人公は作家の待居としか思えないし。
最初の方はそんな感じなのに、途中はライターの今泉が主人公にしか
見えない…

そして不気味さを感じさせるハズの小野川の言動は、ただの自己中の
明るさ、しかも不愉快…としか。

『好奇心と恐怖が交錯する傑作心理サスペンス』と銘打ってますが、
好奇心はともかく、あまり恐怖感はないし、心理サスペンスの部分は
完全になんだかなぁ~?という感じ。

全然面白くなかった!という程ではないけれど…
まぁ可もなく不可もなく?
関連記事
スポンサーサイト