FC2ブログ

肩胛骨は翼のなごり


肩胛骨は翼のなごり (創元推理文庫)肩胛骨は翼のなごり (創元推理文庫)
(2009/01/22)
デイヴィッド アーモンド

商品詳細を見る

古びたガレージの茶箱の陰に、僕は不可思議な生き物をみつけた。
青蠅の死骸にまみれた彼は誰……それとも、なに? 
ありふれた日常が幻想的な翳りをおびる瞬間、驚きと感動が胸をひたす。
英国児童文学の新しい傑作!


コレ、何かの本の後ろの方で紹介(?)されていて、ちょっと題名に
興味を引かれて、図書館で借りてみました。
その本が推理小説か何かだったハズだし、この本も装丁は普通の
文庫本のようだったので、読もうとして児童書だったのにビックリ!

そして児童書なのに、結構淡々とした話なのにもちょっと
内容にはそんなに驚きも感動もしなかったですけど、まぁこういうのも
いいよね~という、少し暖かいナニかが心に残るような?

不思議な生き物の彼が最後まで不思議なままだったのがいいな。
彼の存在と彼との関わりは不思議だけど、それ以外は普通に
色んな事に悩んだり、心揺らいだり…

児童書なので文章は読みやすいし、ちょっと頭を空にしたい時に
いいかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト