FC2ブログ

ビブリア古書堂の事件手帖-栞子さんと奇妙な客人たち


ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。
そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。
残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。
接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は
並大低ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす
彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも、彼女は
古書にまつわる謎と秘密をまるで見てきたかのように解き明かしていく。
これは“古書と秘密”の物語。


古書店店主の栞子と本を読みたいのに読めない体質の大輔。
2人の関係と、古書にまつわる謎と。そして舞台は鎌倉。

日常のやさしい謎解き話かと思いきや、謎の答えがあまり
優しい物でなく…
面白かったけど、ちょっと重たかったです。

やさしい、ほんわかした日常の謎系が読みたかったので、
私の気分とちょっと一致しなかったのが残念。

4編の連作短編集で、4冊の本がそれぞれの題名になっています。
読んでなくても全然問題なし!ですが、読んでいたらちょっと楽しいし、
読んでない本はちょっと読みたい感じになりました。

これは続編も出るのかなぁ~?
関連記事
スポンサーサイト