FC2ブログ

贋作『坊っちゃん』殺人事件


贋作『坊っちゃん』殺人事件 (角川文庫)贋作『坊っちゃん』殺人事件 (角川文庫)
(2010/11/25)
柳 広司

商品詳細を見る

四国から東京に戻った「おれ」―坊っちゃんは元同僚の山嵐と再会し、
教頭の赤シャツが自殺したことを知らされる。無人島“ターナー島”で
首を吊ったらしいのだが、山嵐は「誰かに殺されたのでは」と
疑っている。坊っちゃんはその死の真相を探るため、四国を再訪する。
調査を始めたふたりを待つ驚愕の事実とは?
『坊っちゃん』の裏に浮かび上がるもう一つの物語。
名品パスティーシュにして傑作ミステリー。


『坊っちゃん』のバスティーシュ…なんだけど、元々を読んでいません
解説を見ると、それでも全然大丈夫で本書読後は『坊っちゃん』を読み
たくなるに違いない!と。読んだことがある人はアレがコウくるか!と
違う解釈の『坊っちゃん』を楽しめると。

解説者の言わんとすることはわかるけど、これはやっぱり本家の
『坊っちゃん』を読んでいてこその話なのかな?と思います。
殺人事件の捜査自体より、新解釈の方に重きがおかれているような。
そして、登場人物の行動や言動が「そうそうこんな感じ」というのを
楽しむための本かなぁ~と。

読む前はせっかくだから読後は本家の『坊っちゃん』も読んでみるかな、
と思っていたのですが、ちょっとその気は失せちゃいませた。
もともと森鴎外とか夏目漱石とか苦手だったんですよね。
大人になったら楽しく読めるようになるかな?と思っていたのですが、
歳はとっても精神年齢は幼いままで

この本で学生時代に森鴎外や夏目漱石などを無理矢理読まされた
記憶が戻ってきちゃったかな。
とりあえず読んだけど、『坊っちゃん』が好きなら面白いのかな?
そしてこの本を読んだ私の感想としては『坊っちゃん』も好きに
なれそうにない…
関連記事
スポンサーサイト