FC2ブログ

賢者はベンチで思索する


賢者はベンチで思索する (文春文庫)賢者はベンチで思索する (文春文庫)
(2008/06/10)
近藤 史恵

商品詳細を見る

ファミレスでバイトをしているフリーターの久里子。常連にはいつも同じ
窓際の席で何時間も粘る国枝という名の老人がいた。近所で毒入りの犬の
餌がまかれる事件が連続して起こり、久里子の愛犬アンも誤ってその餌を
食べてしまう。犯人は一体誰なのか?事件解決に乗り出したのは、意外な
ことに国枝老人だった。


日常の謎系ですが小さな悪意が引き起こす事件なので、ちょっと重ためでしょうか?
「いつだって悪意はすれちがうほど側にいる」のフレーズをテーマに書かれてますが
事件が解決しての読後感はホッとします。
「悪意」だけじゃない「優しさ」を感じられます。

もっと簡単に軽く読めると思っていたのですが、思いの外しっかりと読む事に
なりました
なんでだろ?密度かな?「悪意」の重たさかな?
面白かったですが、この作者の私が読んだ中では普通な感じかも。
関連記事
スポンサーサイト