FC2ブログ

萩を揺らす雨-紅雲町珈琲屋こよみ


萩を揺らす雨―紅雲町珈琲屋こよみ (文春文庫)萩を揺らす雨―紅雲町珈琲屋こよみ (文春文庫)
(2011/04/08)
吉永 南央

商品詳細を見る

観音さまが見下ろす街で、コーヒー豆と和食器の店「小蔵屋」を営む
気丈なおばあさん、杉浦草。人々を温かく見守り続ける彼女は、無料の
コーヒーを目当てに訪れる常連たちとの会話がきっかけで、街で起きた
小さな事件の存在に気づく。
オール讀物推理小説新人賞受賞のデビュー作を含む「日常の謎」を
解く連作短編集。


表紙のイラストとあらすじから、コージーミステリで日本版ミス・マープル
のような感じかな?と思って読んでみました。
面白いけど、コージーミステリでもミス・マープルとも違う感じです。

”「日常の謎」を解く”といっても『安楽椅子探偵』ではありません。
おばあさんだけど足を使って動く働く。
でもおばあさんだから身体は弱っていくんですよね。
去年できた雪かきで今年は身体中が痛い。
友達は認知症が進んでいったりもする。

イラストの雰囲気とはちょっと違って、しっとりとしっかりとした作品です。
ちょっと予想していたよりも考えさせられる感じですが、続編も出ているよう
なので、ぜひまた読んでみたいですね。
関連記事
スポンサーサイト