FC2ブログ

ロンドンの負けない日々


ロンドンの負けない日々 (文春文庫)ロンドンの負けない日々 (文春文庫)
(2005/09/02)
高尾 慶子

商品詳細を見る

ロンドンでの入れ歯づくりをめぐっての大騒ぎや、ベッカムをしのぐ
オーウェンの人気ぶり、最愛のヒルダおばさんの死など、長い英国
生活に裏打ちされた、歯に衣着せぬ痛快かつ心暖まるエッセイ集。
訪欧した天皇の前で日の丸を燃やし抗議した元英国軍兵士がヒロシマを
訪ね、日本軍の元通訳と再会する感動的なドキュメントも収録。


前に『イギリス人はおかしい―日本人ハウスキーパーが見た階級社会の素顔
という、この作者の本を読んで面白かったので、手に取って見ました。
前回は、英国でのハウスキーパー経験や、英国人との結婚生活などからの、
英国生活&英国人のレポートを辛口で面白く語っていました。

今回は年金生活に入ってられます。
前半の入れ歯つくりの話とかの体験談はは面白いし、戦争にまつわる話も
考えさせられるんだけど…

ロンドンの何に『負けない日々』なのかも良くわからないし、何だか全体的な
内容も書きなぐり、というか垂れ流し的な感じです。
まとまりがないというか…

表紙のイラストから、前回読んだ雰囲気を楽しみに読み出したので、ちょっと
残念な結果でした
関連記事
スポンサーサイト