FC2ブログ

菓子フェスの庭


菓子フェスの庭 (角川春樹事務所 ハルキ文庫)菓子フェスの庭 (角川春樹事務所 ハルキ文庫)
(2011/12/15)
上田 早夕里

商品詳細を見る

神戸にあるフランス菓子店<ロワゾ・ドール>に、西富百貨店の武藤と
いう男性が訪れた。西宮ガーデンズで行う「お菓子のフェスティバル」に
参加して欲しいという。中堅パティシエの夏織は、その新作、その新作
づくりに抜擢され日々奮闘していた。そんな折、密かに想いを寄せていた
先輩パティシエの恭也が、東京からひょっこり帰ってきて……。
「ラ・パティスリー」の五年後を描いた、とびっきり美味しくて幸福な
パティシエ小説、文庫オリジナルで登場。


シリーズ物の続きみたいです。
何も考えずに、前作を読まずにコレを読んだのですが…

続き物として、最初から読んでいたらいいのかもしれませんが、コレから
読んだ私としてはちょっとイマイチ。
お菓子は美味しそうだし、作る側、プロデュースする側、食べる側と色々な
視点から見れる作品ではあるのですが…
何だか主人公もよくわからないし、ストーリーも盛り上がりにかけるし。

軽く読めるんですが、ちょっと色々物足りない感じでした
関連記事
スポンサーサイト