FC2ブログ

エピジェネティクス操られる遺伝子


エピジェネティクス 操られる遺伝子エピジェネティクス 操られる遺伝子
(2011/12/09)
リチャード・フランシス

商品詳細を見る

同じ遺伝子を持つ一卵性双生児でも、1人は遺伝性の病気を発病し、もう1人は健康である。なぜこんなことが起こるのか。それは、遺伝子は同じでも、エピジェネティックには違いがあるからだ。エピジェネティックな違いはどうして発生するのか、本書は興味深い実例を基に、その複雑なシステムを直観的に理解できるように説明している。

遺伝子はエピジェネティックに食べ物やストレス、環境、生活などの影響を受ける。そしてその影響は、世代を超えて子供や孫までも遺伝するのである。

肥満児の母親は妊娠中に何を食べていたのか、戦争で受けた強いストレスの影響は子孫にまで及ぶのか、ステロイド剤を乱用したメジャーリーガーの体内では何が起きていたのか、子供への虐待やネグレクトが連鎖するのは遺伝子のせいなのか、ヒトはどうやって卵子から完全な人間となるのか、まだ謎が多い遺伝子の作用について、人間の健康に関わるエピジェネティクスの研究でわかってきたことを紹介する。


きちんと理解できたわけではないですが、すごく面白かったです!
専門家に向けたものではないので、文章も読みやすいです。
まぁでも眠くもなりますけど…

癌細胞の正常化の研究とか、DNAの構造が解明されるだけでは機能を
全て理解出来るわけではないとか。
妊娠中の母親が妊娠のどの時期に飢餓だと、生まれた子供はそうでない
子供よりどんな病気になる率が高いとか。

とにかく興味深い内容です。
私の記憶力では、覚えておく事は難しいですが
関連記事
スポンサーサイト