FC2ブログ

ゆめつげ


ゆめつげ (角川文庫)ゆめつげ (角川文庫)
(2008/04/25)
畠中 恵

商品詳細を見る

江戸は上野の小さな神社で神官を務める、のんびり屋の兄・弓月としっかり者の弟・信行。夢に入って過去や未来を見る「夢告」が得意な弓月だが、迷い猫を捜せば、とっくに死んで骨になった猫を見つけるという具合で、全く役に立たないしろもの。が、何を見込まれたか、大店の一人息子の行方を見てほしいという依頼が。礼金に目が眩み弟をお供に出かけたものの、事態は思わぬ方向に転がって…。
大江戸・不思議・騒動記。


設定は面白いんですが、事件が本当に思わぬ方に転がって行く感じで。
のんびり屋の兄としっかり者の弟がもっと楽しく活躍できるように、
短編でも良かったんじゃないかな~と思います。
というか、そういう感じだったら、もっと好みだったろうな、と。

『しゃばけ』シリーズの長編もそう思うんですが、今作でも畠中恵さんの
書くキャラクタはあまりシリアスになりきらず、のんびりした雰囲気を
もつ短編の方が似合っているかな?と。
せっかく楽しい兄弟なのに、もう出会う事はないんですよね…
ちょっと残念。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学