FC2ブログ

無菌病棟より愛をこめて


無菌病棟より愛をこめて無菌病棟より愛をこめて
(2012/03)
加納 朋子

商品詳細を見る

2010年6月、私は急性白血病だと告知された。愛してくれる人たちがいるから、なるべく死なないように頑張ろう。たくさんの愛と勇気、あたたかな涙と笑いに満ちた壮絶な闘病記。


何とも言えない色々な感情が私の中でぐるぐると渦巻きました。
色んな人の優しさにウルっとき、抗がん剤投与や放射線投射の辛いという
言葉で簡単に片付けてはいけないだろう様子、家族の言葉。

号泣したわけではないですが、涙腺が壊れたように読んでいる間に何度も
ウルウルグスグスしました。
電車の中で読んでいるので、ちょっと恥ずかしい程…

読んで本当に良かったです。色々知る事もできたし!

その中ですごい謎な事。骨髄液の移植での好条件。
・血縁ドナーでHLAフルマッチ
・年下のドナー
・男性のドナー
・良い骨髄液
この中の、「男性のドナー」は何故なんでしょうね?
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学