FC2ブログ

心臓と左手-座間味くんの推理


心臓と左手  座間味くんの推理 (カッパ・ノベルス)心臓と左手 座間味くんの推理 (カッパ・ノベルス)
(2007/09/21)
石持 浅海

商品詳細を見る

小学校六年生の玉城聖子は、十一年前に沖縄で起こったハイジャック事件の人質だった。従姉の勧めで沖縄にある進学校を見学に行った聖子は、那覇空港で命の恩人と「再会」を果たす。そこで明かされる思わぬ事実とは―?(「再会」)。警視庁の大迫警視が、あのハイジャック事件で知り合った“座間味くん”と酒を酌み交わすとき、終わったはずの事件はがらりと姿を変える。これが、本格ミステリの快楽だ!切れ味抜群の七編を収録。


玩具店の英雄-座間味くんの推理』の前編です。
前後して『玩具店の英雄』の方を読んだのですが、面白かったので。

今回、事件の話をするのは大迫警視です。
あらすじの「再会」が『月の扉』事件のその後なので、これだけちょっと
毛色が違いますけど。

警察が気がつかなかった事柄から、考えられているのとは違う真相・結末を
導き出す座間味くん。
推理部分も面白いんですが、これ全て飲食しながら話をしているので、その
食べ物たちの美味しそうなこと!
何だかお魚が食べたくなりました
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学