FC2ブログ

理系の子−高校生科学オリンピックの青春


理系の子―高校生科学オリンピックの青春理系の子―高校生科学オリンピックの青春
(2012/03)
ジュディ ダットン

商品詳細を見る

インテル国際学生科学フェア―それは高校生による科学のオリンピック。世界中の予選を勝ち抜いた理科の自由研究が集い、名誉をかけて競う。出場した少年少女たちは、どんなふうに育ち、なぜ科学に魅せられ、どんな研究をやってのけたのだろう?十歳で独力で爆薬を製造、やがて「核融合炉」の製作に挑んだ少年。自閉症を持ついとこのため画期的な教育プログラムを生み出した少女。少年院で非行少年たちの眠れる知の才能を発掘した熱血理科教師。ハンセン病に感染してもへこたれず、らい菌の徹底研究を開始した少女。そして小さな虫を手がかりに太古の地球環境を解明した日本人の少女。ほか研究に青春をかけた理系少年少女たちの感動の実話。科学はこんなにもおもしろい。


すごく面白かったです。
10代の高校生たちが様々な事を研究をしていく実話。
ただ好きだからだったり、生活の必要にせまられてだったり、仕方なくだったり。
大学に行く為の奨学金が目当てだったり。
研究をする理由は色々だけど、すごい発想力と根気でやり遂げていく。

科学といっても色々で、読む前は数学・物理学的なものだけを想像していたの
ですが、行動科学あり、生物化学あり、色々な科学があってそれも楽しい。

日本にもこういうフェアがあるのでしょうかね?
あるのなら、ちょっと覗いてみたい気もします。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学