FC2ブログ

黒猫の接吻あるいは最終講義


黒猫の接吻あるいは最終講義黒猫の接吻あるいは最終講義
(2012/05/24)
森晶麿

商品詳細を見る

黒猫と付き人がバレエ『ジゼル』を鑑賞中、ダンサーが倒れるハプニングが発生した。五年前にも同じ舞台、同じ演目で、バレリーナが死亡する悲劇が起きていた。ガラスアーティストの塔馬から聞いた黒猫の過去と、二つの事件の関連を気にする付き人。しかし何やら隠し事をしているらしい黒猫は、関わらないよう忠告するだけだった。仕方なく付き人は一人で事件に挑むが…ジゼル、ガラスアート、ポオを絡め、二度の事件を結ぶ図式が見えたとき、黒猫の最終講義が始まる―。


前作は短編でしたが、今回は長編です。
短編のシリーズが長編になるとちょっとイマイチ…と感じる事が多いのですが、
本作はそんなことを感じることもなく
ただ私の好みとしては短編の前作の方が好きですが。

今回はバレエとガラスがかかわってきます。
ガラスは見るのは好きですが、バレエには全然ご縁がないもので…
わかったような、わからないような…なんですが、こうして少し触れると
ちょっと興味がわいてきますね

『最終講義』とあるので、今回で終わりなのかなぁ〜と思って読み出したのですが、
どうもそんなことはなさそうな終わり方。
終わらせる事も、続かせる事もできそうな感じです。
ぜひ続いて欲しいものです。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学