FC2ブログ

嵯峨野白薔薇亭の殺人


嵯峨野白薔薇亭の殺人 香りの殺人シリーズ (角川文庫)嵯峨野白薔薇亭の殺人 香りの殺人シリーズ (角川文庫)
(2006/01/25)
吉村達也

商品詳細を見る

大手出版社の明友舎は大騒ぎになっていた。『白薔薇の呪い』で同社主催のホラー大賞を受賞した女子大生呉葉翔子の小説は盗作だという告発文書が届いたのだ。スキャンダル誌にも同じ手紙が届き、世間に醜聞が公表されたころ、若く美しき作者は姿を消した。編集者からその話を聞いた「元刑事」烏丸ひろみは、盗作の舞台裏に死の匂いを嗅ぎ取った!口絵に甘い薔薇の香り付き。


シリーズ物だそうです。
前作とか読まずにイキナリ本作を読みましたが話はわかります。
図書館の本だからか、口絵の甘い薔薇の香りはわかりませんでしたが…

この作者さんの作品は、好みに合う物と合わない物の差が大きいのですが、
コレは読み応えがあって面白かったです。
盗作をした理由?がなかなか。

でも終わり方がなぁ…中途半端に余韻を残された感じ?
こういう終わり方が好きなのでしょうか、別の本でも似たようなのがあった
ような気がします。
私は、この内容なら最後までキッチリと描ききって、後日譚も入れて欲しい
気がするくらいでした。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学