FC2ブログ

犯罪


犯罪犯罪
(2011/06/11)
フェルディナント・フォン・シーラッハ

商品詳細を見る

一生愛しつづけると誓った妻を殺めた老医師。兄を救うため法廷中を騙そうとする犯罪者一家の息子。羊の目を恐れ、眼球をくり抜き続ける伯爵家の御曹司。彫像『棘を抜く少年』の棘に取り憑かれた博物館警備員。エチオピアの寒村を豊かにした、心やさしき銀行強盗。―魔に魅入られ、世界の不条理に翻弄される犯罪者たち。高名な刑事事件弁護士である著者が現実の事件に材を得て、異様な罪を犯した人間たちの哀しさ、愛おしさを鮮やかに描きあげた珠玉の連作短篇集。ドイツでの発行部数四十五万部、世界三十二か国で翻訳、クライスト賞はじめ、数々の文学賞を受賞した圧巻の傑作。


ドイツの連作短編集。
地名や人名がちょっと馴染みにくいけれど、それ以外は読みやすくて面白かったです。
ドイツなんて重厚そうだし、元々翻訳物はちょっと読み難いと思ってしまうので、
この読みやすさはちょっと意外な感じです

でも私はノンフィクションだと思っていたのですが、『弁護士である著者が現実の
事件に材を得て』という事はフィクションなのですね。
読んでいる間ずっと実際の事件だと思っていました

続編?もあるみたいなので、ぜひ読んでみたいです。
でも出来たら文庫で読めたらいいのになぁ〜
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学