FC2ブログ

バチカン奇跡調査官 闇の黄金


バチカン奇跡調査官 闇の黄金 (角川ホラー文庫)バチカン奇跡調査官 闇の黄金 (角川ホラー文庫)
(2011/02/25)
藤木 稟

商品詳細を見る

イタリアの小村の教会から申告された『奇跡』の調査に赴いた美貌の天才科学者・平賀と、古文書・暗号解読のエキスパート、ロベルト。彼らがそこで遭遇したのは、教会に角笛が鳴り響き虹色の光に包まれる不可思議な『奇跡』。だが、教会の司祭は何かを隠すような不自然な態度で、2人は不審に思う。やがてこの教会で死体が発見されて―!?『首切り道化師』の伝説が残るこの村に秘められた謎とは!?天才神父コンビの事件簿、第3弾。


何か前作までと比べて、文章が読みやすくなったような?
さくさくと読めて面白いんですが、相変わらずFBIが出てくるのが気になって。
まぁ今回はアメリカで出回っている偽札が絡んでくるので、まだわかるのですが。

ハーメルンの笛吹き男やソロモンなど、お伽噺も絡んできて面白かったです。
平賀とロベルトがそれぞれの分野で活躍している感じも。
ただ『奇跡』調査の前任者はちゃんと仕事してるの?
きちんと解明できなくても、何かおかしいとか思いそうなのになぁ。

このシリーズは結構作品数が出ているのですね。
ちょっとずつ楽しんで読んでいきたいです
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学