FC2ブログ

天使のゲーム


天使のゲーム (上) (集英社文庫)天使のゲーム (上) (集英社文庫)
(2012/07/20)
カルロス・ルイス・サフォン

商品詳細を見る


天使のゲーム (下) (集英社文庫)天使のゲーム (下) (集英社文庫)
(2012/07/20)
カルロス・ルイス・サフォン

商品詳細を見る

1917年、バルセロナ。17歳のダビッドは、雑用係を務めていた新聞社から、短篇を書くチャンスを与えられた。1年後、独立したダビッドは、旧市街の“塔の館”に移り住み、執筆活動を続ける。ある日、謎の編集人から、1年間彼のために執筆するかわりに、高額の報酬と“望むもの”を与えるというオファーを受ける。

ダビッドが契約していた出版社が放火されて経営者が亡くなり、刑事にマークされる生活が始まる。いっぽうで移り住んだ“塔の館”のかつての住人ディエゴ・マルラスカが不審な死に方をしていたことがわかり、関係者を訪ね歩くダビッド。調べていくうちに、マルラスカと自分に複数の共通点が見つかり、彼を襲った悲劇に囚われていく。“本に宿る作家の魂”を描く珠玉の文学ミステリー。


普段、軽い感じの物を読む事が多いので、私にはちょっと取っ付き難い
文章なんですが、すごく面白いです。
最初はちょっとダルいなぁ〜とか思いながら読むのですが、気がつけば
次は次はとページをめくっていきました

ただ最期が何かちょっと納得いかないというか、よく解らないというか…
これは先が気になってかなりの斜め読みをしたせいもあるのでしょうか
でも何だかちょっとスッキリしなかったかな〜
ゴシック・ミステリー風だったからなのかも?
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学