FC2ブログ

147ヘルツの警鐘−法医昆虫学捜査官


147ヘルツの警鐘 法医昆虫学捜査官147ヘルツの警鐘 法医昆虫学捜査官
(2012/07/18)
川瀬 七緒

商品詳細を見る

全焼したアパートから1体の焼死体が発見され、放火殺人事件として捜査が開始された。遺体は焼け焦げ炭化して、解剖に回されることに。その過程で、意外な事実が判明する。被害者の腹腔から大量の蠅の幼虫が発見されたのだ。しかも一部は生きた状態で。混乱する現場の署員たちの間に、さらに衝撃が走る。手がかりに「虫」が発見されたせいか、法医昆虫学が捜査に導入されることになる。法医昆虫学はアメリカでは導入済みだが、日本では始めての試み。赤堀涼子という学者が早速紹介され、一課の岩楯警部補と鰐川は昆虫学の力を存分に知らされるのだった。蠅の幼虫は赤堀に何を語ったのか!


法医昆虫学ですよ!面白かったです。
昆虫学というのがCSIのグリッソムを思い出します
虫が満載で、ちょっとグロテスクなんですけど。

ただ赤堀涼子准教授が…こういうの嫌いじゃないのですが、ただどうも
この人だけがアニメやライトノベル系のキャラクターみたいなのが気になる。
他の刑事さんたちはそうでもないので、何か浮いている?

法医昆虫学の部分は面白かったけど、犯人はイマイチ。
そして、変にラブロマンス注意報を感じる。
シリーズ化するなら、その辺がどうなるのか気になるなぁ…
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学