FC2ブログ

マギの聖骨


マギの聖骨 (上)マギの聖骨 (上)
(2007/09/27)
ジェームズ・ロリンズ

商品詳細を見る

マギの聖骨(下)マギの聖骨(下)
(2007/09/27)
ジェームズ・ロリンズ

商品詳細を見る

ドイツのケルン大聖堂で行なわれていたミサの最中、修道服姿の侵入者たちが出席者と司祭を惨殺した。犯人の目的は黄金や貴重な美術品ではなく、内部に保管されていたマギの聖骨。キリストの生誕を祝いに訪れた東方の三博士の聖骨だ。聖骨を奪った襲撃者たちは、世界を一変させる力を手にする。事態の収拾に追われるヴァチカンは、ローマの国防省警察に所属するレイチェル・ヴェローナ中尉に調査を依頼。だが、彼らだけではこの奇怪な盗難と殺人事件に対処できない。そこで、米国国防省内の機密組織、シグマに応援の要請が届く。グレイソン・ピアースは、科学者と特殊部隊の隊員から成る即席のチームを編成し、奪われた聖骨の謎の解明に取り掛かる。彼らは暗い過去の歴史を暴きながら、古代の秘密が眠るアレクサンダー大王の遺跡へと向かう。その先には、神秘と恐怖のベールに包まれたドラゴンコートが待ち構えていた―。

古代の錬金術師と暗殺者という二つの顔を持つ秘密結社ドラゴンコートが、マギの聖骨を手に入れた目的はただ一つ。狂信者のみが夢想しうるような恐るべき殺戮を実現するためであった。グレイ、レイチェル、そしてシグマの隊員たちは、聖書に記された謎を解きながら、ドラゴンコートと激しい戦いを展開する。聖骨の行方を追い、ケルンからミラノ、ローマ、ヴァチカンと舞台はめまぐるしく移り変わる。やがてファロス島の海底に眠るアレクサンダー大王の墓から、黄金の鍵を見つけ出した彼らは、最終決戦の地へと向かう。古代から中世へと続く闇の歴史の中に埋もれたその場所では、宗教と科学の力が一体となって、人類史上かつてない恐怖が生まれようとしていた―。米国で百万部を突破した驚異のベストセラー、いよいよ日本上陸。


すごい読み応えで面白かったです
『ダ・ヴィンチ・コード』が好きな人なら面白く感じられるハズ。

アクションシーンに、宗教、科学、兵器、歴史、地理の知識を総動員して挑む謎。
中でもm状態の金のもつ超伝導体のエネルギーの放出とか、ガラス状の黄金とかは
映像で見てみたいですね。
映画とかドラマとか、映像化はされていないのでしょうか?

今は第3弾まで出版されているようです。
が、本作にはシグマフォースシリーズの『シグマフォース」らしい部分はあまり
ないような気が…?
グレイたちがシグマフォースの一員であるだけでなく、シフマフォースらしい所も
見てみたいですね。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学