FC2ブログ

厭魅の如き憑くもの


厭魅の如き憑くもの (講談社文庫)厭魅の如き憑くもの (講談社文庫)
(2009/03/13)
三津田 信三

商品詳細を見る

神々櫛村。谺呀治家と神櫛家、二つの旧家が微妙な関係で並び立ち、神隠しを始めとする無数の怪異に彩られた場所である。戦争からそう遠くない昭和の年、ある怪奇幻想作家がこの地を訪れてまもなく、最初の怪死事件が起こる。本格ミステリーとホラーの魅力が圧倒的世界観で迫る「刀城言耶」シリーズ第1長編。


おどろおどろしいホラーとミステリーの融合です。
ホラーはあまり読まないんですが、面白かったです
ってか、ホラーが中心だと思って読んだので、ミステリー部分もちゃんとあって
ちょっと驚きました。
シリアスでおどろどろしくなった、京極夏彦氏の『今昔続百鬼 雲』みたいな?

ミステリーだと思って読んだいたらホラーで終わった、というのは許せないのですが。
これはホラーだと思っていたら、案外ちゃんとミステリーしていて、でも最後は
きっちりホラーで締めた!という感じです。

シリーズになっているので、続きも読んでみたいです。
ただやっぱり重苦しいので、ちょっと時間をあけたいですが。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学