FC2ブログ

裏切りの杯を干して


裏切りの杯を干して 上 - バンダル・アード=ケナード (C・NOVELSファンタジア)裏切りの杯を干して 上 - バンダル・アード=ケナード (C・NOVELSファンタジア)
(2012/09/24)
駒崎 優

商品詳細を見る

裏切りの杯を干して 下 - バンダル・アード=ケナード (C・NOVELSファンタジア)裏切りの杯を干して 下 - バンダル・アード=ケナード (C・NOVELSファンタジア)
(2012/12/18)
駒崎 優

商品詳細を見る

今すぐにも戦闘が始まりそうな距離に敵の陣営があった。だが両軍は三週間もの間、ただ睨み合って時を過ごしている。アード=ケナード隊が到着したのは、そんな奇妙な前線であった。傭兵嫌いの雇い主。秘密を抱える総司令官。沈黙する敵陣。おかしなことだらけの戦場でシャリースは笑みを浮かべる。いつもと同じ不遜な笑みを。その背後にはいつもの仲間たちがいるはず―だった。エンレイズ第二の都市ストリーに黒髪で腕も人当たりもいい医者が一ヶ月ほど前から住み着いていた。その男―ヴァルベイドが街中で出逢ったのは、ここにいるはずのない人物で?陽気で不屈、有能で逞しい傭兵たちと白狼が挑むのは眼前の敵とまだ見えずにいる敵なのか?

睨み合うだけだった前線で突如として戦闘が始まった。アード=ケナード隊も雄叫びを上げながら敵陣に突入する。しかし―開戦してなお、ガルヴォ軍の動きは奇妙すぎるものがあった。一方、アランデイルは情報を求めて、ストリーを駆け回る。戦場と町中で事件が重なり、関係者もまた絡み合っていく。姿を消した人質。傭兵嫌いの雇い主がシャリースを雇った訳。ヴァルベイドが追いかける殺人事件の犯人と暗躍するガルヴォの傭兵たち―謎は一つの方向に集約されていき、鍵を握るシャリースに危機が迫る。果たして、この難題を収めることはできるのか?陽気で不屈、有能で逞しい傭兵たちと白狼が挑むのは、戦場と平穏そうな町とで連動する厄介な事件。


上下巻を一気に読みたくて、上巻を読むのを我慢していたのに…
下巻が発売されたら、図書館の予約本がいっぱい来て読む時間が取れずにいました

やっと読めて、楽しかったです。
「ヴァルベイドが追いかける殺人事件」と「ガルヴォの人質問題」やらetc...
アランデイルはまぁそういう事だろうと思っていたし、アード=ケナード隊の
依頼もそんな事じゃないかなぁ〜とちょっとは思っていたけど。
でも、どう決着つくのかなぁ〜とワクワクでした。

シリーズの最初から出ている(名前が出ている)アード=ケナード隊の隊員は
まだわかるのですが、途中から出てきた隊員がちょっと忘れ気味…
シリーズ最初から読み返したいなぁ〜
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学