FC2ブログ

時砂の王


時砂の王 (ハヤカワ文庫JA)時砂の王 (ハヤカワ文庫JA)
(2007/10)
小川 一水

商品詳細を見る

西暦248年、不気味な物の怪に襲われた耶馬台国の女王・卑弥呼を救った“使いの王”は、彼女の想像を絶する物語を語る。2300年後の未来において、謎の増殖型戦闘機械群により地球は壊滅、さらに人類の完全殱滅を狙う機械群を追って、彼ら人型人工知性体たちは絶望的な時間遡行戦を開始した。そして3世紀の耶馬台国こそが、全人類史の存亡を懸けた最終防衛線であるとー。期待の作家が満を持して挑む、初の時間SF長篇。


面白かったです
邪馬台国の世界と、様々な世界が交互に描かれていて。

どんなに頑張って戦っても、26世紀に作られたメッセンジャー“使いの王”は、
自分の生まれた世界に帰れない(過去への介入で未来が変わってしまうから)
苦悩とか。
人類の存亡をかけた戦いなのに、色々な世界の人達の目先の事しか考えない
勝手さとか。

そんな中での卑弥呼の芯の通ったカッコ良さ!
カッティにタンカ切ったのとか、イイですよね。

ただ、卑弥呼の時代の言葉が解り難かったな…
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学