FC2ブログ

時計仕掛けのイヴ


時計仕掛けのイヴ (小学館ミステリー21)時計仕掛けのイヴ (小学館ミステリー21)
(2006/11/18)
関田 涙

商品詳細を見る

愛を求める二人が協力して不可解な謎に挑む
不幸にも、時間を止める力を持ってしまったイヴ。普段はその力をコントロールできるのだが、愛をささやく瞬間に使うと、力は暴走を始め、相手を時間の狭間に置き去りにしてしまうのだ。イヴは恋人を失い、それから男を愛することをやめてひっそりと生きていた。ところが、そのイヴの力に助けられた青年がいた。彼はイヴを愛してしまう。逃げるイヴを探し求める青年。そんな二人がひょんなことからある事件に巻き込まれた。力を合わせて謎を解き、二人は事件を解決するのだが、男の恋する気持ちはますます募るばかり。ついにイヴは、過去の忌まわしい事実を青年に告白する……。


何と言うか…「時間を止める力」とかは面白いのですが。
どうも登場人物の性格が一定でない感じが
成長したとかの様子も感じられないので、しっかりとつくられてないような。
何かストーリが進むと違和感が増して、どうにも落ち着かない感じです。
なので、読後感もなんだかなぁ〜

最後もね。
何か明るい未来っぽく締めているけど、本当に明るいのかな?と、どうしても
穿った見方をしてしまいます。
どうにもモヤモヤが残ってしまう…
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学