FC2ブログ

妖奇庵夜話 その探偵、人にあらず


妖奇庵夜話  その探偵、人にあらず妖奇庵夜話 その探偵、人にあらず
(2009/12/25)
榎田 ユウリ

商品詳細を見る

突如発見された妖怪のDNA。それを持つものを「妖人」と呼ぶ。お茶室「妖奇庵」の主である洗足伊織は、明晰な頭脳を持つ隻眼の美青年。口が悪くてヒネクレ気味だが、人間に溶け込んで暮らす「妖人」を見抜く力を持つ。その力のせいで、伊織のもとには厄介な依頼が絶えない。今日のお客は、警視庁妖人対策本部、略して“Y対”の、やたら乙女な新人刑事、脇坂。彼に「油取り」という妖怪が絡む、女子大生殺人事件の捜査協力を依頼された伊織は…。


面白かったです
ただ「妖人が絡む事件の捜査協力」とあるので、ミステリーだと思ったんですが、
ミステリーを期待するとイマイチかも…

妖怪そのものではなく、人外のDNAを持つ妖人という設定も面白い。
でも茶道の家元(門下生はいなくとも!)の伊織が、自分のことを「あたし」と
言うのはちょっと…
何だか江戸時代の若旦那みたいで、コレは最後まで違和感が。

妖人はDNA検査をするまで本人も知らない事が多く、普通に人にまぎれて生きて
きた、という設定ですが、「座敷童」や「小豆洗い」は今までどうしてたんでしょう?
ちょっと普通に人の中にはまぎれないような気がするのですが?

続編があるようですね。
伊織の本来の力や、青目など今後の展開が楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学