FC2ブログ

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常


ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
(2011/10/25)
三上 延

商品詳細を見る

鎌倉の片隅にひっそりと佇むビブリア古書堂。その美しい女店主が帰ってきた。だが、入院以前とは勝手が違うよう。店内で古書と悪戦苦闘する無骨な青年の存在に、戸惑いつつもひそかに目を細めるのだった。変わらないことも一つある―それは持ち主の秘密を抱えて持ち込まれる本。まるで吸い寄せられるかのように舞い込んでくる古書には、人の秘密、そして想いがこもっている。青年とともに彼女はそれをあるときは鋭く、あるときは優しく紐解いていき―。


図書館で予約がいっぱい一杯で読むのを諦めていたのですが…
さすがに2巻は予約が落ち着いたようです
普通に棚に並んでいたので、借りてきました。

ちょっと1巻を読んでから時間が経ってしまったので、記憶がおぼろげ…
でも考えようによっては1巻よりも馴染みやすい気がしました。

最初の話の「時計仕掛けのオレンジ」。
DVDを見かけて途中で挫折した過去があります。
本書を読んでいて、ちょっと本で読もうかな〜?と思いましたが、でも無理そう。
ただ、どういう話なのかが判って良かったです。

これからは、栞子さんのお母さんを探す(?)のが、ストーリーの根底に息づくのかな?
3巻目を図書館で予約しよ〜っと。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学