FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オクサ・ポロック 1;希望の星


オクサ・ポロック1 希望の星オクサ・ポロック1 希望の星
(2012/12/15)
アンヌ プリショタ、サンドリーヌ ヴォルフ 他

商品詳細を見る

もうすぐ13歳になるオクサ・ポロックは、空手を習い、忍者になるのが夢という活発な女の子。父親の仕事の都合でパリからロンドンに引っ越し、幼なじみのギュスとともに、現地のフランス人中学校に転入する。ところが、新学期初日の夜、オクサの身に不思議なことが起こる。手のひらから火の玉が飛びだしたり、からだが宙に浮いたり、おなかに奇妙なアザができたり…。ごくふつうの中学生の日常が一変してしまった。その日から、オクサとその家族、仲間たちに、さまざまな出来事や事件がふりかかる。迫り来る敵。みんなの“希望の星”となったオクサは、悩み、とまどいながらも、仲間との絆を深め、運命に立ち向かっていく―。


「ハリー・ポッターの次はコレを読め!」というようなコピーに惹かれて
読んでみました(実際はもう少し穏やかな表現だったかな?)
しかし、何でかな?好きになれません。
途中で何度も読むのを止めようかと思ってしまって。
最後まで頑張って読んでも、やっぱり何だかな〜
中高生なら面白いんだろうか…?
全7巻だか何だかの予定らしいけど、ちょっと続きは読む気になれないな…

ただ不思議なイキモノ達は面白そうだった。
数が多くて、名前とかちゃんと覚えられなかったけど。
映画化の話もあるみたいなので、映像的にちょっと見たいかも。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。