FC2ブログ

路地裏のあやかしたち−綾櫛横丁加納表具店


路地裏のあやかしたち―綾櫛横丁加納表具店 (メディアワークス文庫)路地裏のあやかしたち―綾櫛横丁加納表具店 (メディアワークス文庫)
(2013/02/23)
行田 尚希

商品詳細を見る

高校生の小幡洸之介は、画家である父の作品が夜になると動き出すという怪奇現象に悩まされていた。「そうした事件を解決してくれる場所がある」と耳にして訪ねると、そこはいかにも怪しげな日本家屋。意を決して中へ入った洸之介が目にしたのは、驚くような光景だった。そして彼は、加納環と名乗る、若く美しい女表具師と出会う―。人間と妖怪が織りなす、ほろ苦くも微笑ましい、どこか懐かしい不思議な物語。第19回電撃小説大賞“メディアワークス文庫賞”受賞作。


ゆるい雰囲気で結構好きです。
でも「あやかし」があまり活かされていないかも…
生きている年数の事を除けば、別に人間でいいんじゃね?て感じです。

妖怪達の特殊能力を駆使した話だと思うと期待ハズレ。
でも淡々とした雰囲気で、「あやかし」っぽくない日常の不思議話で、
きらくに読むのにちょうどいいです。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学