FC2ブログ

絶対城先輩の妖怪学講座


絶対城先輩の妖怪学講座 (メディアワークス文庫)絶対城先輩の妖怪学講座 (メディアワークス文庫)
(2013/04/25)
峰守 ひろかず

商品詳細を見る

妖怪に関する膨大な資料を蒐集する、長身色白、端正な顔立ちだがやせぎすの青年、絶対城阿頼耶。黒の羽織をマントのように被る彼の元には、怪奇現象に悩む人々からの相談が後を絶たない。季節は春。絶対城が根城にする東勢大学文学部四号館四階、四十四番資料室を訪れる新入生の姿があった。彼女の名前は湯ノ山礼音。原因不明の怪奇現象に悩まされており、資料室の扉を叩いたのだ―。四十四番資料室の怪人が紐解く伝奇ミステリ。


読みやすくて面白かったです。私は好き
ただ別に目新しさはないかな?
京極堂と八雲を足して割ったような感じがしないでもない。
ノリはライトノベルで。

続編があるみたいなので読んでみたい。
でも続編が出るのなら、最後の話はもっと引き延ばして書き込んで欲しかったなぁ。
ちょっと駆け足感があったので。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学