FC2ブログ

エンジェルフライト


エンジェルフライト 国際霊柩送還士エンジェルフライト 国際霊柩送還士
(2012/11/26)
佐々 涼子

商品詳細を見る

ママが遺体にキスできるように。それが彼らの仕事。
国境を越えて遺体を家族のもとへ送り届けるのが国際霊柩送還士の仕事。日本初の専門会社で働く人々と遺族の取材を通して、筆者は人が人を弔うことの意味、日本人としての「死」の捉え方を知る。


人に勧められて読みました。
小説だと思って読み始めたら、ノンフィクションだったのですね。
国際霊柩送還士や遺族への取材が中心ですが、文章は読みやすく、
章が別れているので読みやすかったです。

興味深い内容、というとちょっと不謹慎ですが。
普段あまり考える事もない海外での「死」や残された遺族。
「エンバーミング」やご遺体に関する各国での考え方の違いなどなど。
技術や知識がないからならまだしも、治安の悪い国だと臓器が抜かれたり、
ご遺体への尊厳がなかったり。

「死ぬなら旅行の帰り道で事故で即死がいい」など軽口をたたく
事がありますが、それがどいう事なのか。
深く、そして色々と考えさせられます。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する