FC2ブログ

モラトリアム・シアターproduced by腕貫探偵


モラトリアム・シアターproduced by腕貫探偵 (実業之日本社文庫)モラトリアム・シアターproduced by腕貫探偵 (実業之日本社文庫)
(2012/10/05)
西澤 保彦

商品詳細を見る

学校関係者が連続死。新任講師・住吉ミツヲは混沌とする記憶を抱えたまま事件に巻き込まれていく。彼は同僚の妻を殺してしまったらしいのだが…。封じられた記憶の鍵を握るのは魔性の女性事務員なのか?交錯する時間軸と人間関係に惑うミツヲを救うため、愛くるしい女子高生、ド派手な女大富豪、腕貫着用の公務員―三人の個性派探偵が集結。幻惑の舞台が開演する。


軽く楽しく読めました。
ただ腕貫探偵があまり出てこなくて、ちょっと寂しい…
今回は腕貫探偵シリーズというより、本当に”produced by 腕貫探偵”でした。

でも主人公ミツヲの妹ユリエは前作に出ているらしいのですが、どうしても
思い出せません。ちゃんと読んでいるハズなのに!
連作短篇なので、登場人物が多いからかなぁ〜?
また読み直そうかな。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する