FC2ブログ

団地の女学生


団地の女学生団地の女学生
(2010/04/05)
伏見 憲明

商品詳細を見る

埼玉県下のマンモス団地を舞台に、独居老人、中年のゲイ男性、
アラフォー独身女性の訪問ヘルパー、落ち目の歌手ら、
昭和の遺物から脱出できずにくすぶっている人々の日常を描く。
現代の格差社会への絶望と希望を裏に秘め、毒舌と笑いに包んだ
「新ジャンルコメディ」というような不思議な読み心地。
90年代のゲイムーブメントを牽引してきた著者の筆致は、
弱者に寄り添いつつも本音満載、毒てんこもり。
微苦笑の新!純文学・シニカルコメディ。


いや~私は何でこれを読もうと思ったのでしょうね?
図書館で予約をした時の気持ちが思い出せない…

人間の本音満載・毒てんこもり。
確かに、人間ってこんなだよ、とは思うものの…
今、ちょっと弱っているので、微妙にキツかったです。
元気な時ならシニカルコメディを楽しめたろうに。
そう!読むなら元気な時に
それならあの毒舌やキツい現状も楽しめるハズ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する