FC2ブログ

福家警部補の挨拶


福家警部補の挨拶 (創元推理文庫)福家警部補の挨拶 (創元推理文庫)
(2008/12)
大倉 崇裕

商品詳細を見る

本への愛を貫く私設図書館長、退職後大学講師に転じた科警研の名主任、長年のライバルを葬った女優、良い酒を造り続けるために水火を踏む酒造会社社長―冒頭で犯人側の視点から犯行の首尾を語り、その後捜査担当の福家警部補がいかにして事件の真相を手繰り寄せていくかを描く倒叙形式の本格ミステリ。刑事コロンボ、古畑任三郎の手法で畳みかける、四編収録のシリーズ第一集。


面白かったです。短編なので読みやすいし。
だれが犯人かを考えるのも面白いけど、こういう犯人は誰かはわかっているけれど…
というのも面白いですよね。
内容も結構気楽に読める話ばかりですし。

面白いと思ったものがシリーズであるのは幸せですよね。
他の作品もちょっとずつ読みたいです。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する