FC2ブログ

冷たい校舎の時は止まる


冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)
(2007/08/11)
辻村 深月

商品詳細を見る


冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)
(2007/08/11)
辻村 深月

商品詳細を見る

雪降るある日、いつも通りに登校したはずの学校に
閉じ込められた8人の高校生。
開かない扉、無人の教室、5時53分で止まった時計。
凍りつく校舎の中、2ヵ月前の学園祭の最中に
死んだ同級生のことを思い出す。
でもその顔と名前がわからない。
どうして忘れてしまったんだろう―。
第31回メフィスト賞受賞作。


読む前に会社の同僚から『イマイチだった…』との感想。
それを覚悟して読んだから、思っていたより面白かったかな、と。

でも、長い
ハッキリ言って、くどさを感じる長さだ…
もう少しコンパクトにまとまっても良かったんじゃないかな?

それと結末がね~ちょっとどうかと思うなぁ。
プラス、作者と同姓同名の登場人物の存在。
わざわざその名前にする必要ってあったのかな?
別にどうでもいい事だけど、一人称なわけでもなしにソレって
ちょっと気になるな~?

それと、ミステリとはあまり思えない内容ですね。
メフィスト賞ってミステリの賞じゃないの?と思ったので、
今回わざわざ調べてしまいましたよ

この賞が求めているのはミステリ、ハードボイルド、ファンタジー、
SF、伝奇など広義の意味でのエンターテインメント作品。
しかし従来のジャンルを突き破るような作品も大歓迎!


という事なんですね。今回初めて知りました。
本当にず~っとミステリの賞だとばかり…
一つお勉強になりました!
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する