FC2ブログ

アイルランドの薔薇


アイルランドの薔薇 (光文社文庫)アイルランドの薔薇 (光文社文庫)
(2004/09/10)
石持 浅海

商品詳細を見る

南北アイルランドの統一を謳う武装勢力NCFの副議長が、
スライゴーの宿屋で何者かに殺された!
宿泊客は8人―そこには正体不明の殺し屋が紛れ込んでいた。
やはり犯人は殺し屋なのか?それとも…。
宿泊客の一人、日本人科学者・フジの推理が、「隠されていた殺意」を
あぶり出してゆく!


探偵役の科学者が日本人である必要性はまったくないと思うけど、
スイスイ読めて、面白かったです。
正体不明の殺し屋だけではなく、他にも色々素性を偽っている人が!
推理ではなくただのカンですが、殺し屋はたぶんこの人だろうな~
というのは、結構早い段階で思ったり。

警察を立ち入らせず、宿屋の宿泊客達だけで解決を試みる!
科学調査なし、アリバイや動機などからの推理だけで犯人を見つけられるか!

途中、北アイルランドの歴史的背景が簡単に説明されていて、ちょっと
お勉強になりました。
IRAは何度か聞いた事があったのですが、他にも武装勢力があったのですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する