FC2ブログ

使い魔の箱


使い魔の箱 欧州妖異譚2 (講談社X文庫―ホワイトハート)使い魔の箱 欧州妖異譚2 (講談社X文庫―ホワイトハート)
(2010/12/25)
篠原 美季、かわい 千草 他

商品詳細を見る

英国の全寮制パブリックスクールでの同級生、ユウリとシモンは
親友以上の関係だ。
二人は通う大学はロンドンとパリに離れてしまってはいたが、
シモンは週末にはユウリのもとへ足をのばしていた。
そんなある日、やはり高校の同級生でユウリと同じ大学の俳優、
オニールの舞台の打ち上げパーティーで、事件は起こった。
シモンに近づく女にユウリが見たものとは…。


前シリーズから読んでいるので、一応続きを読んでいるのですが…
ストーリーより、ほとんどキャラクタの魅力で読ませてない?

長い付き合いなので、愛着のあるキャラクタが活躍すると
それなりに楽しいのですが、読んだ後、本当に何も残らないような
まぁイイトシして読む物じゃない、と言われればそれまでですが。

たぶんこのシリーズの大きな謎(?)みたいなのが根底にあって、
それが次への読書欲につながらずに、モヤモヤと残るような感じ。
楽しいのはキャラクタの動きだけかなぁ~?
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する