FC2ブログ

三毛猫ホームズの駈落ち


三毛猫ホームズの駈落ち (角川文庫 (5946))三毛猫ホームズの駈落ち (角川文庫 (5946))
(1984/12)
赤川 次郎

商品詳細を見る

大富豪・片山家と山波家は先祖代々伝統的に(?)犬猿の仲が続いていた。
片山家の長男義太郎と山波家の長女晴美が駈落ちするに至り、
事態は益々紛糾した。それから十二年…。


シリーズ第5弾。
でもコレ、文庫カバーの折り返しにあるあらすじには、シリーズ第3弾と
ありました。いったいどうなっているのやら…

12年前にとある男女が駆落ちするところから物語は始まるのですが、
その時、男が17歳、女は14歳ですよ?
ちょっといくら何でも…
双方17歳くらいならまだしも、ねぇ?

ストーリはドタバタミステリコメディらしく、面白かったです。
でも今回出て来た杉田刑事みたいな警察官が本当にいたら嫌だなぁ~
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する