FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺意は必ず三度ある


殺意は必ず三度ある (ジョイ・ノベルス)殺意は必ず三度ある (ジョイ・ノベルス)
(2006/05/16)
東川 篤哉

商品詳細を見る

のんきを絵に描いたような鯉ヶ窪学園。
敗退を続ける野球部グラウンドからベースが盗まれてしまう。
オレ(=赤坂通)が唯一の下級生として在籍する探偵部員の総力を結集しても
謎は解けない。後日、野球部とライバル校との練習試合終盤に事件は起きた。
白昼堂々、球場で発見された野球部監督の死体に騒然となる両校関係者と
捜査陣。動機は不明、球場ではアリバイ実験も行われるなど混迷をきわめる
事件に、オレたち探偵部三人が事件に首を突っ込んだ。
しょうもない推理合戦の先に待つものは…。


ユーモアミステリらしく面白い作品でした。
『謎解きはディナーのあとで』が話題になった作者さんですが、
私はアレよりもコレとか他の方が好きかなぁ~?

探偵部の3人の会話が軽快で、そういう部分もとても読みやすいです。
トリックを解こうとかは元々思っていなかったですが、何となく
「犯人はあの人じゃないかなぁ?」とカンで思っていたのは、全然
かすりもせず外れていました…

でもまさか、実際に謎を解く探偵役がアノ人だとは!
他にも色々とあって、読み始めた時に思っていたよりも、
読み終えた時に満足感がありました
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「殺意は必ず三度ある」東川篤哉 (ジョイ・ノベルス)

敗退を続ける野球部グラウンドからベースが盗まれた。後日、練習試合中に、野球部監督が死体で発見される。混迷をきわめる事件に、お気楽探偵部員3人組が首を突っ込んだ。しょうも
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。