FC2ブログ

切断


切断 (創元推理文庫)切断 (創元推理文庫)
(2004/11/25)
黒川 博行

商品詳細を見る

最初の被害者は耳を切り取られ、さらに別人の小指を耳穴に差していた―。
指は死後切断と断定され、連続殺人事件として捜査が始まる。
続いて舌を切られ、前の被害者の耳を咥えた死体が見つかった。
大阪府警捜査一課海部班の久松刑事を中心とした捜査は、真犯人へと
たどり着けるのか?犯人側と捜査側、過去と現在の視点が複雑に
交わりつつ、事件の全貌が明らかにされていく。


推理小説というより警察小説とか犯罪小説に分類されるのかな?
明確な線引きはよくわかりませんが

過去と現在が入り交じり、殺人犯である男と警察の視点も入り交じり。
最初ちょっと入り難いけれど、慣れたらぐいぐい世界に引込まれます。

殺人犯である男の正体はミステリをよく読む人ならすぐにわかると
思いますが、淡々とした男の犯行の原動力?意味?とか。
犯行後、肉体から切り取ったパーツを次の犯行に残す理由とか。

探偵がさっそうと推理するような小説じゃないけど、地に足をつけてる
犯罪捜査もの(?)かな。
好みは探偵ものの方だけど、こういうのもたまに読むと面白い
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する